9月21日の練習:記譜通りにflutter tonguing

昨日は新年度の準備のためのミーティング2日目、2日連続で仕事をしたらぐったりしてしまって、夕方に練習に戻る気力がありませんでした。根性なしです。夏休み中は、午前中はジム(に行ったり行かなかったり)、午後は昼寝、夕方から練習という毎日だったので、たっぷり休養を取っていたのですが、これからは「午前と午後は仕事、夕方から練習」になるわけで、そのパターンに早く体を合わせていかないと…。

今日は午後にちょっと仕事をして、午後5時ごろから練習。

Carbonareの教則本のvocalizationのページと高音域のページで基礎練習をしながらリードを選び、その後は『A Summer Day』の中の連符を練習。そして、この曲の中に出て来るflutter tonguing。この曲では伸ばしている音にflutterをかけるだけなので、音域にもよりますがそんなに難しくはないです。その後は、Bergの『4 Pieces』の3番に出て来る、連符にflutter tonguingをつける部分を記譜通りに練習しました。音が移っていくに連れて、flutterが不明瞭になって止まってしまうんですよね。そこでふと思った…音符にはスラーがついていないんだから一音ずつflutterをかけ直せばいいのだよ。何度か練習していたら少しずつできるようになりました。最近ちょっとflutter tonguingがスランプだったんですが、今日は調子が良く、Bergの『4 Pieces』がちゃんと吹けるんじゃないかって気がしました。明日もこんな感じで練習しよう!

最後は『Abîme des oiseaux』の鳥の歌。これも少しずつ仕上がっています。
『Abîme des oiseaux』だけじゃなく『Quatuor pour la fin du temps』を演奏したいんですが、それをECMの先生にさらっと話したいと思っている時に限って先生にばったり会わない…。"Nothing to lose." なんだから言っちゃえ、言わないで後悔するよりは言っちゃえ〜。

明日と明後日は学生が大学の寮やアパートに入居する日で町中が大渋滞、大混雑します。もちろんキャンパス周辺は交通規制、駐車規制があるので、練習は日がとっぷりと暮れてからになりそうです。あ〜、新年度が始まるっていう状況が現実になってしまったよ〜。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する