6月30日の練習:フランス三昧

銀座のマキシム・ド・パリが49年の歴史に幕を下ろしたのを惜しんで、今日はフランスの曲ばかりを練習してみました。
(といっても、このお店でお食事した思い出もなければ、このお店のケーキを食べた思い出もありませんが…。)

最初はPoulencのソナタの第1楽章。
段々配線がつながって来た感じですが、自分が出している高音に気持ちが萎えて転けてしまう箇所あり…。
高音域なので音程がイマイチなことと、あちこちに散りばめられた臨時記号が相俟って、「この音だっけ?」と自分に疑問を持ってしまうのが敗因です。疑問が湧かないところまできっちり練習しなくては…。

そしてBozzaのAria。
去年の夏に自分で練習してた曲。懐かしくて引っ張り出してみました。

お次ぎは、Gabriel PiernéのPiece In G Minor。
ずいぶん前に楽譜を買ってありましたが、今日初めて吹いてみました。フランスらしく小洒落た感じの曲です。

最後は、4月に練習していたPhilippe GaubertのTwo Pieces。
♯が多い調なのでその辺が怪しくなっていましたが、なんとかなりました。

フランス系の曲、実はちょっと苦手なのです。
ドイツ系の曲の方が捉えどころがはっきりしていて、自分ではまとめやすい印象です。
でも、フランスの曲にはかわいい曲が多いので、もっと練習してサラッと吹けるようになりたいです。

一時帰国中に選定してもらったマウスピースとリガチャー(今はピンクゴールドの方を使っています)、すごくいいです!!
力を入れずに軽く吹いてもしっかり鳴ります。今日練習した曲の中にはppです〜っときれいに入りたいところが何箇所か出て来るのですが、息が入れやすくて反応もいいです。ppが苦しそうじゃない感じとでも言うんでしょうか。
Philippe GaubertのTwo Piecesは2曲とも曲の終わりがそういう箇所なので、今までは「あ〜、ここ嫌だなぁ」と思っていましたが、これでもう大丈夫な気がします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する