8月19日の練習:Victorian Kitchen Gardenはこれにて終了

今日は午後8時ごろから練習。

A管で基礎練習。
Kloseのスケールの本があったなぁ…と引っ張り出して来て、スケールと三度を練習しました。
久しぶりのA管なので、今度はBb管にすっかり馴染んじゃってA管が吹きにくかったりするかしら…と心配しましたが、大丈夫でした。

Kloseのスケールの本、買ったもののあまり使っていなかったんですよね。
それは、アメリカの出版社のものは楽譜の印刷が潰れていて見えないから〜。このことを練習を始めてから思い出しました。
何千回も印刷して潰れたマスターを使っているんでしょうかね〜、#なのかナチュラルなのか全く判別できない黒い塊が印刷されているんですよね。だからこの練習はもうしません。少なくとも今持っている版ではしません。目に負担がかかってイライラするから。Carl Fischer、最低!

Bb管に持ち替えてReadeの『Suite from the Victorian Kitchen Garden』を全体的に練習。
この曲はもう全体像もわかったし、問題点もないのでお終い。
気持ちよく吹けるんですが、大して練習にならないので…。好きな曲ですが曲全体にあまり深みがないと思います。

明日はDebussyとHorovitzを練習しようっと。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する