それって必要なの?

最近読んだクラリネット奏者の投稿に「普段から息を長く吐く練習をする」って言うのがあったんですが、それって必要なの?
肺活量が増えるように訓練するとか、腹筋を鍛えるとか、クラリネットの演奏技術向上とは関係ないと思うんだけど…。

空気が入るのは肺であってお腹に空気が入る人なんていませんよ。胃や腸にガスが溜まっててもそれで楽器は吹けないでしょ?
肺に空気を入れやすいように姿勢に気をつける(極度に猫背にならない)ことは必要だと思いますし、立奏している時に体を支えられるだけの筋力は必要だと思いますが、腹筋だけせっせと鍛えるのは無駄~。楽器演奏の際の呼吸は、肺に目一杯入れた空気をギリギリまで全部吐き出すのとは違っていて、むしろフレーズに合わせてこまめに自然に息継ぎできるようになる方が大事だと思うけどなぁ。

世の中にはいかに理にかなわない情報が溢れていることか…。
Category: その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する