8月24日の練習:お宝発掘

今日は午後4時ごろから練習へ。

基礎練習は昨日の続き。Kroepschの『416 Progressive Daily Studies』のF# minorのページの中間部分の5つ。
大抵は調の中のアルペジオを元に動いて行くので流れが予想できるのですが、この調には次にどう動くのか予測できない動きがあって頭が痛かったです。そんなに捻らなくても、もう十分難しいっつ〜の。もうちょっとで終わりです。頑張ろう!

曲の練習はHorovitzの『Sonatina』の第1楽章。
主に後半を練習し、そして冒頭に戻って来ました。
昨日よりもずっと安定感が出て、「大丈夫、きっと吹けるようになるよ〜」と思えました。

今は古いリードの山から、その日のリードを発掘して使っているのですが、夏休みの前半ににボツにした山の中にはお宝が一杯です。多分、当時は硬めのリードでゴリゴリ吹きたい時期だったんだと思いますが、今は柔らかめでコントロールしやすいリードですうっと伸びて行く音を出したいので(イメージとしては、素麺を打っていて麺を伸ばしている時のなめらかさ)、お宝を発掘するたびにほくほくしています。処分しなくてよかったよ〜。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する