10月5日の練習:絶好調だ〜!

今日はオフィスで来週の授業の用意をしてから、午後5時過ぎに練習へ。

基礎練習はA管でDidierのスケールの本のF# majorのページ。
#が6個…辛い。でも、長調はこれで終わり〜。
明日から短調なのか…と思うとどんよりしますが、自分は短調の曲の方が好きなので避けては通れない道です。
大丈夫、その気になればちゃんと吹けるよ!頑張れ、自分!

曲の練習はSaint-Saënsのソナタの第4楽章を全体的に練習。
もうそろそろ仕上げてしまおうと思っているのですが、好きな曲なのであれこれ気になって時間がかかりました。
そして第2楽章。これは本当に久しぶりですが、レジスターキーを使った跳躍など、以前よりも格段に出来がよく、スケール練習の成果がここにも出ました。

今日は全体的に絶好調で指も回る、回る〜。
夏の始めよりはぐっと上達した実感が持てました。

さあ、明日も楽しく練習しましょう!

今朝、大学のクラリネットの先生に「レッスンを受けたいのですが…」とメールをしました。

悪い人じゃない(と思う、思いたい)んですが、おそらく返事は来ないでしょう。
以前に、この先生が指導している大学の吹奏楽について質問した時も、私がもう使っていないR13のA管を学生さんにタダであげたいというメールをした時も、完全スルーでしたから。

そうやってメールを無視したくせに音楽科の建物の近くでばったり会ったりすると親しげに声をかけてくれたりするところが私にとっては意味不明。他の学生さんが周囲にいる時だけは「いい人」っぽく見せてんのかな?とちょっと疑ったりする…。

取り敢えず自分が何か行動を起こさない限りは欲しいものは手に入らない国なので、行動に出てみただけです。
レッスンが受けられたらラッキーかもしれないし(ラッキーだと今は断言しないでおく)、レッスンが受けられなくても私はどうやったら自分が上達できるかわかっているので別にNothing to lose.なわけで、どっちでもいいや…と思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する