11月16日のレッスン:今日はソナタを見てもらった

今日は12時半からレッスンの予定だったので11時半ごろにお昼ご飯を食べていたら、先生からメッセージが来て、「キャンセルが出たから12時15分に来てもいいよ」ですと…いやいや、急に言われても、こっちにも都合がありますってば。でも急いで家を出て12時15分にはレッスン室に入りました。

エチュード8番。
練習の時の方がずっといい感じ…なんか息もタンギングも指もどれもパッとしない出来。
で、ダメ出し。
「常にこのようにタンギングをする必要があるんでしょうか」と真顔で聞いてしまいましたよ。
だって、曲の中ではタンギングをそれほど意識せず、もっと上手にできていますもん。タンギングをするために曲を吹くわけじゃないんだし…と内心苛立っている私。

先生は悪くないですよ。私の技術が足りないだけ。でも、技術のためだけに曲を吹くんじゃなくて、曲に必要だから技術を練習するわけで…先生のアプローチは本末転倒だと感じていることも確かです。先生は「こういうタンギングをすることもあるし、そうじゃないタンギングをすることもある」ですと。だったら必要な曲に取り組んでいる時に練習させてほしいわ。おそらく、どの生徒さんにもこのタンギングをまず指導しているんだろうと思いますが、あまりにも無味乾燥。

エチュードは来週に持ち越しになり、その後はBrahmsのソナタ。
ソナタの方が100倍易しく、充実感もありました。
今日は第1楽章、中間部での転調が終わって元の調に戻るところまで。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する