高校時代は…

最初にクラリネットを吹いたのは高校1年生の時。

中学2年生頃から吹奏楽部に入りたいと思っていたのに、たいていの生徒が中1から吹奏楽部に入部し楽器を始める中、希望するのが遅かったので入部が叶わず、「高校に入ったら絶対に吹奏楽部!」と心に決めていました。

で、第一希望はサックスかフルート。
でも、中学からの経験者がちゃんといるパートには入れてもらえず、取りあえずは大所帯が当たり前のクラリネット担当になりました。クラリネットの1年生は私も入れて6人いて、初心者は二人だったかな。そんな感じでクラリネットを始めました。当然、学校の備品楽器、備品マウスピース、学校で共同購入しているリード。でも、すごいなぁと思ったのは、学校備品がクランポンの楽器だったこと。今思うと恵まれた環境だったと思います。

さて、何が大変って、私はそれまでピアノを習ったりしたことがなかったので、楽譜が読めない。リズムも分からない。
そして、結構吹奏楽が盛んな高校だったので、初心者といえども行事がてんこ盛り。野球応援、運動部の試合前の壮行会、7月の定期演奏会、合宿数回、マーチング、文化祭…と、部活漬けの日々が続きました。

高校三年間、ず〜っとそんな具合でまずは部活ありき。でも勉強との両立はきちんとしていました。我ながらしっかりした高校生だったと思います。

高校時代は吹奏楽部だったのでひたすら大勢に埋もれて演奏していました。変な音出して目立たないように間違えないように…それが信条。だから、それなりにしか上達しなかったかも。そんな控えめな私でしたから、その後大学のオケに入った時にはかなりの苦労がありました。

この続きはそのうち…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する