9月27日:Trigger Fingerが楽になる?

右手薬指のバネ指、今月の始めにステロイド注射を受けましたが、症状には大した変化がありませんでした。来月の始めにまた治療の予約が入っているのですが、ステロイド注射は痛いばかりで効果はないし、「思い切って手術を受けます」と思えるほど現在の医師を信用できないし。なんせ流れ作業で二言三言しか話せなかったし、私に症状や治療の方針を説明する気も見えませんでしたからね。

幸い私の症状は「四六時中、何をするにも激痛が走る」というほどで悪化しているわけではなく、「時折指が固まって運指がしにくい、その固まった指を解く時に痛い」という程度。この状態から悪化しないようにして、できれば手術は避けたいなぁと思っています。

そんな昨今、実はちょっと気がついたことがありました。
まさか〜と思って、自分でも半信半疑だったのですが、「もしかして指輪をしているとバネ指が楽になる?」
1週間ぐらい前に家の中を片付けていて、お気に入りだった指輪を発掘したんです。
長い間お気に入りで毎日していた指輪だったのに、数年前に割と本格的に家庭菜園をしていた時に、クワやショベルを振るうのに邪魔だから(!!)と指輪をしなくなって引き出しに入れっぱなしにしてしまったんですね。
「これ、懐かしい!まだ入るかなぁ」と右薬指につけてみて、そのまま練習に行きました。それから数日間は指輪をしたまま。そして、二日ぐらい前に指輪をしないで練習に行った時に何か違和感がありました。

あれ?もしかして指輪をしていた方が調子がいいとか??

まさかね〜。


そこでネットで検索。
おぉ〜、「バネ指リング」という治療用の指輪があるじゃないですか。
普通の指輪のようなものからコイル状で指全体を覆うようなものまで、いろいろな種類があるようです。
私の指輪はもともとファッション・リングでちょっと幅があるタイプ。
それがちょうどバネ指リングとよく似た形状なんです。

他には、夜寝る時にコルセットの代わりに、self-adhering bandage (伸縮性があってお互いにくっつくようになっている包帯)で薬指と小指を固定して、指を伸ばしたまま寝るようにしています。これで、朝起きた時の「指が固まっている状態」が軽くなりました。

ということで、私流の、指輪と包帯を使ったバネ指対策の紹介でした。
もちろん、信頼できる医師に診てもらえるなら、医師に相談するのが一番です。
Category: その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する