11月21日の練習:今日はじっくり練習

ちょっと汗ばむような快晴の土曜日、お昼頃に練習に行ってきました。

A管で軽くロングトーン、そしてスケール。
そのままRoseの32のエチュードの18番を練習。
このところA管を必ず吹くようにしているので、鳴りが安定してきました。
そして、Regerのクラリネット五重奏曲を軽く練習。
迷子になりがちだったこの曲も、最近は家事をしている最中に頭の中で好きなフレーズが聞こえるようになりました。これはいい兆候です。自分の中で曲に対する愛着が芽生えてきたって感じ。
相変わらず、来学期の現代音楽のアンサンブルのクラスで本当にこの曲をするのか、どの楽章をするのか、他の候補はどんな曲なのか全く不明ですが、12月の頭に今学期のコンサートを控えている先生に、今は来学期のことは聞けないので、一人でチマチマ練習しています。

その後B♭管でClaribel。
こちらは前進してるんだかしてないんだか…。
Claribelは最近ほとんど吹いていませんでしたからね〜。
でも、久しぶりに吹いても、そんなに後退してるという感じでもないので、よしとしましょう。どこかですぐに演奏するわけじゃないし、好きな曲なんだからゆっくり行こう。

その後はB♭管でもRoseのエチュードの18番。
やっぱりB♭管の方がサラッと吹ける感じがします。
さて、この曲の中には、「激しく」を意味する音楽用語が3種類出てきます。
どんだけ激しいんだ!!
でも、その3種類の用語にはニュアンスの違いってあるのかなぁ…?
ネットで音楽用語を調べるのには限界があります。

最後に、せっかく楽譜をコピーしたので、Jean Françaixのクラリネット五重奏曲もちょっと吹いてみました。
聞いていると小洒落た感じで可愛らしいのに、吹いてみると超難しい…。
夏休みにでもたっぷり時間をかけて練習しようかな〜と思いました。
とりあえず、バラバラになっているページを製本しよう。
今できるのはとりあえずそこだけだ…。

感謝祭の休みと学期末が見えてきたので、仕事から来るストレスが軽くなったかも。
肩や首筋の強張った感じが消えてきました。
休みになったらどっぷり練習できるので楽しみです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する