11月28日の練習:たまには和食も…

今日は午前中に練習に行って、まずはオフィスでスコアを見ながら要所要所のチェック。
見てよかったわ〜、パート譜の間違いを発見。
昨日練習した時に、ラに♯がついている音に何か違和感があって「ナチュラルじゃないの?」と赤字でメモっておいたところ、スコアを見たらやっぱりナチュラルが正しかったです。は〜、すっきりした。

で、そんなことをしているうちに、思いの外時間がかかってお腹が空いてしまったので、ここで一度帰宅して仕切り直し。結局夕方もう一度練習に出直しました。

A管を組み立てて、今日もスケールのカードを引きました。
今日はB♭ major、これは何度も練習したことがあるぞ。
長調が当たったというだけで、明るい気分で練習できました。

その後は、せっかくスコアを見て確認したのでRegerのクラリネット五重奏をしっかり練習。なんか奥が深いです、この曲。弦の皆さんと合わせるのがすごく楽しみになりました。

せっかくA管がよく鳴っているので、しばらくご無沙汰していたMozartのクラリネット協奏曲を最初から通してみました。
コケたところもありましたが、ず〜っと吹いていなかった割にはよかったです。

Max Regerは現代音楽と言っても、それほど「現代〜!」な感じはしませんが、ず〜っと練習していると「耳に馴染んだ曲」が無性に吹きたくなります。今日はまさにそれ。
毎日洋食を食べていると、それがどんなに美味しくても、「たまには和食が食べたいなぁ」と思うのに似ているでしょうか…。いや、MozartもRegerも「洋物」なんですけどね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する