11月29日の練習:今日はB♭管の日

のんびりできた感謝祭の連休も今日でおしまい。
明日のクラスの準備ができていないかったので、午後4時頃からオフィスへ。
練習を始めたのはすっかり日が暮れてからでした。

今日はB♭管を組み立てて、まずはスケールのカードを引きました。
今日の当たりはA♭ major。
よしっ、今日も長調だ!
しかも、私の得意なフラット系の調なので気を良くしてスケールを練習。
アイヒラーでこの調の他のパターンも練習しました。

その後は、Poulencのclarinetとbassoonのソナタ。
夏に日本に帰る前に、日本にいる間に大学時代の友人と合わせたくて必死で練習したのですが、全然納得できない状態で終わってしまった曲です。

近い将来、現代音楽のアンサンブルのクラスでbassoon奏者を見つけて(というか、その辺にいるbassoon奏者を無理やり罠にかけて)ぜひ演奏したいなぁと腹黒い算段をしているおばちゃんなのでした。
クラスに入ったら、きっとbassoonの先生とももっとお話しやすくなって、学生さんを紹介してもらえるんじゃないかと思っているわけです。そういう意味でも、音楽科のクラスに参加するのはいいことかもしれません。人々を罠にかける人々と知り合いになる足がかり…というところでしょうか。ふふふ。

最後にClaribelのアルペジオを練習。そんなこんなで今日の練習は終わり。

あ、B♭管用に選んであったリードが、何だか抵抗感が無さすぎて吹きにくい印象になっちゃいました。
ここのところA管を長時間吹いているせいで、リードの好みが変わったんでしょうか。それとも息の入れ方が変わったんでしょうかね〜?

いつもリードを買っているオンラインの楽器屋さんが15%オフの感謝祭セールだったので、56 Rue Lepicの3番を3箱購入しました。(割引のせいで、2箱だと送料無料の対象にならなかった…)冬休みになったら、リード選びをしようと思います。

あと1週間で冬休みです。
よ〜し、冬休みは練習三昧だ〜!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する