5月31日の練習:突き指…

ただでさえ加齢で指の関節のコンディションがイマイチなのに、こともあろうに突き指。
昨日の夕方、車を発進させる直前に助手席に置いてあったバッグがずり落ちそうになったのを右手でガバッと押さえ(アメリカなので助手席は運転席の右)、その手をハンドルに戻そうとした瞬間にハンドルにガツッと親指が当たってしまって…。情けない…。
鉛筆を持つのが結構つらいですが、楽器を吹く時は支えるだけだしなぁ〜と思って練習には行ってみました。やっぱり痛かったです。(普段、楽器の重さで痛くなることがあまりないのでショックでした…)

膝でベルを支えながら少し練習。
運指の教則本を1ページ練習した後は、Kellのスタッカートの教則本の5番を軽く。
この曲、ダサい…エチュードってそういうものなのかな?
こんなダサい曲を吹いているなんて…と赤面するほどのカッコ悪さ。
でも、スタッカートの練習になっているという点では目的にはかなっているのでしょうか。

その後は今チマチマと取り組んでいる曲の連符の部分を抜き出して練習。
曲を仕上げるにあたって問題になりそうな部分をちょっと吹いてみて、何を強化練習すればできるようになるのか調査中です。私は指が遅い…でも、これでも大学時代よりはずっといい感じですし、復帰した直後よりは10倍速く動くようになったと思うんですけどね。(←前はどんだけトロかったのか…)

今日右手の親指が痛かったことで、ストラップを買ってみようかなぁと考えました。
今回の突き指はすぐに治ると思いますが、今後、さらに齢を重ねて関節への負担が辛くなった時のために。これは要検討だなぁ〜。今は全然必要性を感じないんですけどね。

明日はECMのクラスの打ち上げなので(何人来るかわかりませんが…)、苺のムースを作ってみました。私はクラリネットを吹くよりも、こういうことの方が得意らしい…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する