6月24日の練習:振り出しに戻る…

昨日の練習の後でふと考えました。
「何もない状態で喉を振動させることができるのに、楽器をくわえるとそれができない。っていうことは、その間を橋渡しするようなステップが必要なんじゃないか」…と。
そこで、今日、masterclassの会場まで運転して行く間、ストローを半分の長さに切ったものをくわえて、喉で振動させた息をストローを通して吐き出すということをしてみました。
なかなかいい感じ。

そこで、masterclassの後でいそいそと練習に出かけたのですが、結果は完敗…。
振動しているように聞こえるのは、もしかしたら声帯の振動であって空気の振動ではないのでは?という疑問が生じました。
その後も楽器をくわえた状態でしつこく練習をしたら、息を出す最初の2秒ぐらいならflutter tonguingの音が出るところまで漕ぎ着けました。でも、それ以上長い時間flutter tonguingを続けることができません。
それじゃいかん…。振動させる場所が違うのかもしれません。
まだ諦めたわけではありませんが、ちょっと振り出しに戻ってみようと思います。

練習はChyrzynskiのモヤモヤした曲の2番。
それっぽくなって来ましたが、記譜の間違いではないかと思うところが一箇所…他の人の演奏を聞いてちょっと研究しようと思います。

そしてTime Piecesの1番と2番。
1番は油断をすると自分の吹きやすいアーティキュレーションになってしまうことがあるので要注意。そして、アクセントが甘すぎるのもなんとかしたいです。2番はいい感じです。

今日練習してよかったこと…は、何だろうなぁ。
上手になっているのかなぁ?もっと上手になれるのかなぁ?…ちょっと弱気。
でも、吹いていることは楽しいし、自分の音は大好き。
だから明日はまた新鮮な気持ちで練習しようと思います。

そういえば、硬さが合わなくて交換に出したLegereのEuropean Cut、新しいリードが送られてきました。無料で交換と言っても、アメリカ→カナダの国際郵便の代金は自分持ちなので(当然だ)、合計でいつもの56 Rue Lepicが2箱買える出費になりました。明日試してみる予定です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する