8月27日の練習:練習終わりにしていること

今日は午後7時頃に練習へ。

スケールはB♭minor、♭が5つ。
でも、昨日までの♭が6つよりもぐっと楽になった感じがあって、今日は全バリエーションを練習しました。あと4つの調で夏休みになってからの短調スケールも1巡します。

曲の方はtango-Etudeの3番、2番。
演奏する時に気をつけるポイントは昨日と同じです。ただ吹いているだけにならないように注意点にフォーカスして練習しました。

Bernsteinのソナタは第1楽章、第2楽章ともに難しいところだけ練習しました。
数日間があいていますが、割とよくできました。
最後の方に連続して出てくるアルティッシモのF#の音がね〜、イマイチ決まらない…ピッチをちゃんと一発で当てるように要練習だ〜。

Dance Preludesの3番も練習しました。
これは散々だったかも…。Dance Preludesはもっと集中して練習して、自分なりの形を作ってしまわないとダメだわ〜。

今日は練習前にマジカル・リングを新品と交換しました。最近スロートの音域がなんかスッキリ抜けないのはリードのせい?バレルのせい??とか悩んでいたのですが、「もしかしたら…」と思ってマジカル・リングを新品と交換したらあっさり解決しました。
今まで使っていたリングと新品のリングを並べてみると違いは一目でわかります。
magicalring.jpg

古い方は光沢がなくて、表面の加工がすっかり取れてしまっていました。感触もふにゃふにゃと弾力がなく、練習後には中にたっぷり水分を含んでいる状態でした。新しい方は練習後に取り出した時も形をしっかり保っていて、弾力があります。多分こんな小さいことが原因だったんだろうと思うので、これでしばらく様子を見てみることにします。

さて、ここのところ練習が終わって片付ける時に必ずしていることがあります。
それは、「トーンホールに溜まった水分を完全に取り除く」こと。
こちらのブログで紹介されているのを見て、確かに!と思ったので、その後は毎回の練習の終わりに、スワブを通して各部を外しながらジョイントの水分を拭いて、仕上げに上管のキーにペーパーをはさんだ状態でこれをして水分を完全に取り除いています。結構意外なところに水分が残っているので驚きです!

私は日本の専門店以外に修理に出したことがないので、アメリカの楽器店に楽器を持ち込む勇気がありません。
だから、タンポの寿命はできるだけ伸ばさなければ!濡れた状態で楽器をしまって自然乾燥させてしまうことを繰り返すとタンポが痛むのは当然なので、一手間かけて水分を取ることは大事だなぁと思います。

さあ、明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する