8月28日の練習:口内炎ができちゃった…

今日は朝から下唇の内側が痛い…。
クラリネットを吹く時に下の歯が当たるところが一箇所…私の下の歯の少し尖っている箇所が当たるところです。リードを選ぶ作業をしている時に普段よりも硬めのリードもそれなりに試奏していたのでツケが来た感じです。

実は、お昼過ぎにリウマチの専門医の診察があったのですが、口内炎は抗リウマチ剤の副作用の1つでもあるので、お医者さんに「口内炎ができたりしてない?」と質問をされてドキッとしました。で、「口内炎のようなものはあるけれど、それは毎日クラリネットを吹くからであって、抗リウマチ剤の副作用じゃないと思う」ということを説明する羽目になりました。今まで楽器を吹くことに対してドクター・ストップとか何かしらの制限がつくんじゃないかと心配してクラリネットのことはお医者さんには隠していたのですが、今日何も言われなかったのでこれからは大ぴらにできます。

病院の帰りに直接大学に行ったので、練習はいつもよりもずっと早く午後3時半頃から。

スケールはF minor、♭が4つ。
Fから始まると上の音域まで延々と続くので長くて疲れますが、調としては難しくはないので全バリエーションを練習しました。
残すは3つの短調、♭が1つずつ減っていくので、ここからはきっと楽勝…だと思う。

曲の方はTango-Etudeの2番と3番を軽く。
どちらも通せるようになりました。ピアノ伴奏と合わせなくていいのなら、このまま演奏できそうな勢いです。丁度1カ月前のmasterclassでTango-Etudeの3番を始めて聞くまでは、この曲も作曲者の名前も聞いたことがありませんでした。そこから約3週間練習して、ある程度通せるようになったことに感激!頑張ればできるじゃないか〜、自分!まだ伸びシロあるのかもよ、自分?

夏休みの残りも丁度1カ月…来月の28日から授業が始まります。(実質的には3週間…その辺りから準備のためのミーティングが入ってきます)ここからはDance Preludesなど、まだ形になっていない曲にも時間を割いて練習していかねば…。

明日も楽しく練習しましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する