8月29日の練習:今日はLutoslawski

今日は晩御飯の後で練習へ。

スケールはC minor、♭が3つだけなんて天国のようです。
全部のバリエーションを楽しく練習しました。

曲の練習はLutoslawskiのDance Preludesの1番と3番。
すご〜く久しぶり。忘れちゃってるほどではありませんが、練習していないんだから上手くなっているわけもなし。この曲は1曲毎に曲調が違うので、実は私の苦手分野なんですよね〜。でも、好きな曲なのでもうちょっと集中して頑張ろうと思います。楽譜を買ったのは2015年の秋の終わり頃ですもんね〜、その頃よりはずっと吹けるようになったのできっちり取り組んでレパートリーにするなら今だ!

その後はMax Regerのクラリネットソナタ3番を…。これは2016年の春、Regerの没後100年を記念するECMの演奏会で第1楽章だけ演奏したのですが、実は全楽章が好き。いつか全曲通して演奏したいと思っています。残念ながらECMではもう演奏するチャンスはないと思うんですけどね…。

最後はTango-Etudeの3番を。
5連符の後で動き出すところ時々リードミスをするのは何故だろうと気になって自分の指の動きを意識してみたら、クロスキーを押さえている左手人差し指がクロスキーからトーンホールに移動するのが微妙に遅れるんですよね。その状態で次の音の息を入れちゃうことがリードミスの原因。原因がわかったら、リードミスはなくなりました。

今週後半はDance Preludesを引き続き、そしてBergも練習しようと思います。

明日も楽しく練習しましょう!


そう言えば、関節リウマチになってから楽器演奏に変化が…。

以前から悩まされていた右手薬指と小指のバネ指の痛みがなくなりました。これは、なんというのか「転んで膝を擦りむいて痛かったんだけど、大腿骨骨折したらそれどころではなくて擦り傷の痛みはもう感じなくなった」というような状態なのかなぁと思います。

指が軽く回るようになりました。リウマチの痛みはほとんどありませんが、手指に以前よりも力が入らなくなってしまったんです。だから余計な力でガッチリ楽器を握ることもないし(できないし)、連符のところで指に力が入ることもなくなりました。

怪我の功名ってヤツですね。でも、問題は体力がなくなったことですかね。
演奏会でまとまった長さの曲を立奏できるんだろうか…という不安があります。
いざとなったらおばちゃんは座って演奏させてもらいます。いいの、おばちゃんだから。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する